夜勤による健康被害とはどのようなものになるのか?~リスクと回避方法~

皆さんお疲れ様です。やかんです。

夜勤の健康被害ってどういったものがあるのか?

夜勤は健康に悪いと言われていますが、
実際にどう悪いのかかなり漠然としてたりします。

体に悪いのは分かっているけど生活の為。
と夜勤を辞めれない人もいると思います。

ただ夜勤のリスクを知っているのと知らないのとではその先の未来に地獄が待っている可能性があります。

夜勤というのは給料が多く貰えるという利点はありますが、
体を壊すかもしれない。うつ病になるかもしれないという大きなデメリットが隠されてます。

ただ体を壊すと言ってもどういう風に壊れていくのか。
どういう対策をしていけば大丈夫なのか。

しっかりリスクヘッジしていかないとデメリットだけがあとに大きく残ろことになってしまいます。
クレジットカードのリボ払いのように知っていないと後で大変な目にあいかねません。

一応会社では、健康診断をしてくれますが正直やっつけ感がスゴイです。

やかんやかん

会社の健康診断って人が多いと流れ作業でやることが多いのでしっかり見てくれなかったりするので不安になることがあるんですよね。

健康診断上は大丈夫だけど、
夜勤をやっている以上体に負担をかけていることは間違いありません。

見えないところで体を蝕んでいる可能性だってあります。
そこで、今回は夜勤が健康に与える状態や被害がどのようなものになるのかを話していこうと思います。

夜勤における健康被害

夜勤の週はずっと体調不良。
眠れない地獄を味わう。
友達との関係が薄くなる。
病気のリスクが高まる。
会社員としての寿命が短くなる。

夜勤があるお仕事とその割合

夜勤と言って真っ先に思い浮かぶ仕事と言えば看護師や工場勤務ですね。
夜勤の代表格と言ってもいいです。
他にも最近よく見かけるようになったコンビニや漫画喫茶などにも夜勤の勤務体制があります。

「看護師は夜勤をするのが大変だ」「工場勤務も夜勤があるから体調管理が難しい」といった声が増えていっています。

それもそのはずでに就労人口の約3分の1が交代勤務。
年々夜勤をする人は増えていっています。

引用元:https://taishoku-daikou.net/5104

夜勤が健康に与える影響

夜勤が健康に与える影響は、「中期的リスク」と「短期的リスク」の2種類があります。

夜勤が抱える健康被害

長期的リスク  子宮がん 乳がん 前立腺がん

中期的リスク  生活習慣病 糖尿病 高血圧症

短期的リスク  睡眠障害 うつ病

特に夜勤の影響の中で最も深刻なのは生活習慣病やガンリスクの増大です。

夜勤に従事して
1年~3年で睡眠障害 うつ病のリスク。
約5年~10年で糖尿病や高脂血症などの生活習慣病のリスク。
10年以上では直腸がん、子宮がん、乳がん、前立腺がんのリスク。

それぞれのリスクが通常の2倍~3倍高くなるという研究結果が出ています。

夜勤勤務者の乳がん発症リスク

引用元 https://hatchobori.jp/blog/4915

は大丈夫でも長い期間働くことで体に大きな被害で出る可能性が出てくるのは間違いありません。

やかんやかん

いかに夜眠ることが大切かが分かります。

夜勤をするメリットとデメリット

夜勤のメリット

をする1番のメリットは給料が上がるです。

やかんやかん

これ以外ありません。

夜勤のメリットの9割がコレです。
残りの1割はおまけみたいなものです。

他にも交通面で混んでいない。
朝方自由に行動できる。
変な上司がいない

メリットと言えばメリットですが、
じゃあ、給料はそのままでこの条件で夜勤しますか?と言われて夜勤をする人って限りなく0なんですよね。

みんながやらないから給料を上げないと誰もやらない。
それが夜勤という仕事です。

ただ、若い時なんかは給料は安く設定されているので短期的にお金が欲しいという人にはうってつけの仕事だったりします。
若者がお金を稼ぐ手段は残業する。夜勤をする。個人で一発当てる。くらいしかないですからね。

夜勤のデメリット

そして夜勤のデメリットはたくさんあります。

夜勤の抱えるデメリット

夜勤の週はずっと体調不良。
眠れない地獄を味わう。
友達との関係が薄くなる。
病気のリスクが高まる。
会社員としての寿命が短くなる。

やかんやかん

上げたら切りがありません

確かに給料は多く貰えるかもしれませんが。
正直割に合っていません。

給料が上がるというメリットが霞むほどのデメリットが多すぎます。

夜勤のメリット・デメリットをそれぞれ比較 【結果:デメリット多すぎ問題】

やかんやかん

給料、倍くらいにしてもらわないと割に合いません。

なので生活に困っているとか、
他に選択肢がない人以外は夜勤はやらない方が良いです。

夜勤辞めましょう!

夜勤による健康被害を抑えるのに夜勤を辞めることが1番!夜勤辞めましょう!

やかんやかん

なんて言えたらどれだけ楽なことか・・・

夜勤辛いなら病めれば?
と言ってくる人もいますがそれができたら苦労はしない。

体が第一。
お金は二の次。

そんなのは分かります。
ですが、当事者と第三者は視点が全く違います。

自分は何も傷つくことないですから言いたいこと言えます。
野球中継を見て「それくらい捕れよ」というおっちゃんとおんなじ感じです。

第三者という守られた位置にいる人はどれだけでも言うことができます。
ですがいざ当事者になって傷つくことになると今まで言っていたことと全く違う行動をしてしまう。

夜勤をする人の中には仕方なく夜勤をしている人も多いと思います。
生活の為、家族の為。

いろんな理由があって辞められない人も多いです。
ですので気軽に夜勤辞めましょう!なんて言えるわけがありません。

夜勤による健康被害を抑えるには

じゃあ、どうやって夜勤の健康被害を最小限に抑えることができるか。
それはもう「睡眠」しかありません。

そもそもガンになりやすかったり、生活習慣病になりやすいといった健康被害原因は睡眠による過度なストレスだったりします。
ですので睡眠さえしっかりとることができれば健康被害を最小限に抑えることができます。

そしていい睡眠を得るためには睡眠環境を良くするという物理的要因だけじゃなく。
精神的な要因もかなり重要になってくると思っています。

睡眠環境を良くするという物理的要因

夜勤中に寝るというのは想像以上にハードルが高いです。

外は明るい。うるさい。
寝る環境としては最悪です。

おまけに今まで夜に寝ていたものを夜勤の時だけ朝、昼に寝ろとか(笑)
無理に決まってます。

ただでさえ昼夜逆転生活が苦しいのに、
さらに周りの睡眠環境も最悪とか。

そんなの寝れないに決まっています。
ですので睡眠環境を良くする。

夜勤を乗り越えるためには最低限寝れる環境作りからやっていかないといけません。

こちらに夜勤をするうえで必要なものをリスト化させてもらいました。
気になる方は見ていってほしいです。

夜勤を乗り越えるために必要なアイテムリストの優先順位

精神的要因も睡眠に大きくかかわっている

そして精神的要因です。
睡眠環境が良くなっても精神的に落ち込んでしまっているとなかなか寝付けなかったり、
睡眠の質が落ちてしまいます。

夜勤の日の憂鬱度は異常です。
夜勤初日ほど死にたくなる日はありません。

そんな憂鬱な精神環境で寝れるか?
寝れるわけありません。

寝て起きたら夜勤という地獄が始まる。
そんなプレッシャーがある中よりよい睡眠なんか無理に決まっています。

ですので睡眠環境を整えるだけじゃあまだ準備不足です。
身体面、精神面、両そろって初めて最高の睡眠を得られると思っています。

どれだけ良いベット、枕を買っても精神的にボロボロならまず寝ることはできません。

やかんやかん

僕がそうでしたからね、いくら高いベット、枕を買っても寝れなかったです。

睡眠というとベットや枕と言った身体的改善ばかりする人がいますが、
それじゃあ意味がありません。

いくら高い寝具を取りそろえたところで、
精神面が死んでいたら良い睡眠なんて得られるわけがありません。

そして精神的要因を満たしてくれるのがアニメや漫画といったにじげん作品たちです。

心が元気じゃないとぐっすり眠れません。

悲しい気持ち、つらい気持ちの中眠るのはかなり難しいです。
というか寝れないです。

落ち込んでいる時に寝ようとしてもなかなか眠れないものです。
明日、怒られると分かっていて眠れないのと一緒。

逆に精神的に安定しているとぐっすり眠れたりします。
ぐっすり眠れる日ほど精神的安定している状態だったりします。

特に何も考えずに眠ることができる。
これが精神的安定している状態です。

やかんやかん

要は頭の中で何も考えていない状態。これが睡眠にはベストな状態です。

これから仕事嫌だなー。
これから夜勤とか憂鬱とか。

ぐっすり眠れる時って考えないじゃないですか、
次の日が休みの時とかってめちゃくちゃぐっすり眠れるのと一緒です、

何にもプレッシャーのない日ほどぐっすり眠れる日はありません。
結構休日にめちゃくちゃ寝てしまったという人も多いと思います。

それは精神的にリラックスできているからだったりします。

精神的安定がより用睡眠を呼ぶ。
身体的な改善だけでは良い睡眠は得ることはできません。

そしてその精神的安定にはにじげん作品が1番。

精神を癒すこと。
これは睡眠に大きな影響を与えます。

じゃあ、それはどうやって癒せばいいのか?

それは簡単なことで感情を揺さぶられればいいのです。
泣くでも怒るでも笑うでも何でもいいので感情を感じるようにする。

心が無になっているとすべてがどうでもよくなって、
笑えないし怒れないし泣きもできません。

ですので感情を揺さぶるというのは心にとっての栄養です。

眠れない日ほど心が死んでたりします。
なのでその死んだ心を癒してあげる。

精神的にマイナス方向に向かっているものを、
楽しいアニメや熱い展開でプラスに持っていく。

これだけでぐっすり眠ることができます。

夜勤を乗り越えるために必要なアイテムリストの優先順位

まとめ

夜勤というのは健康的に悪いというのは明らかです。
ですがだからと言って辞めることができないのもまた事実です。

ならやることは1つ。
いかに健康リスクを最小限に落として夜勤を乗り越えていくか。です。

そのためにもアニメや漫画といったにじげん作品は必須だと思っています。
睡眠と言ったらベットや枕と言った寝具に目を奪われがちですが。

それだけじゃあ、
精神攻撃を仕掛けてくる夜勤には到底かないません。

寝具といった身体的改善も確かに大切です。
ですが身体面ばかりに目が向けられすぎていると僕は感じています。

これは僕の経験なののですが、
どちらかというと夜勤は内側から腐っていくような感じがします。

精神的にダメになっていって身体的に影響が出てくる。
内側から内側からダメになっていく。

それが夜勤だと思っています。
身体面を良くするのもいいですが精神面も良くしていかないと夜勤を攻略していくのは難しいと思っています。

実際に夜勤を乗り越えるためのアイテムなんかをリスト化しました、
9年間夜勤をしてこれは必要だと思った代物をぎゅっとまとめてあります。

夜勤で苦しんでいる人。
もう少し夜勤を楽にしていきたい人。

少しでも興味がある人はぜひ見ていってください。

夜勤を乗り越えるために必要なアイテムリストの優先順位