みなさん。お疲れ様です。
「にじげん夜勤攻略部」部長のやかんです。

夜勤歴9年。
「二次元はすべてを解決する」がモットーの工場員です。

二次元の素晴らしさを伝えたい。
夜勤で頑張っている人に生きる気力を養ってもらいたいという思いからこの部を立ち上げました。

二次元コンテンツを通してつらい夜勤を乗り越える。(攻略していく)
故に「にじげん夜勤攻略部」と名付けました。

長いので略して「にじやき部」

僕がこんなにも二次元コンテンツに対して熱い思いを持っているのは僕の人生のつらい時。
いつも支えてくれたのがアニメ。漫画、ゲームだったからです。

今回はそんな僕がどのようにして二次元コンテンツに出会ってきたかについて話していこうと思います。

二次元との出会いは中学生

僕が二次元コンテンツと深くかかわりを持ったのは中学生の時。

僕はバレーボール部に所属していたのですが、
その部は学校で1番きついとされている部活の1つで有名でした。

まるで軍隊のような部活でした。

  • 休み?そんなものはない→毎日練習。土日は県外へ遠征
  • テスト期間で普通は部活をやっちゃいけないのに無視してやる。
  • ミスをすると先生がパイプ椅子をぶん投げてくる。
  • 試合直前にケガをして「何この大切な時にケガをしているんだ!」とキレられ
    ビンタ→鼓膜が破れる。

なんでもありのめちゃくちゃな部活でした。

そもそもなんでそんな部活に入ろうと思ったかというと小学生の時スポーツ少年団バレー部に入っていたから。
小学校でもやってたし。スポ少で一緒にやっていた友達全員バレー部に入ったし。

小学生の時みたいに楽しくバレー出来たらいいな~と軽いノリで入ったのが運の尽き。
地獄の始まりでした。

学生生活が部活中心になりました。
練習はきついし、休みはない。上下関係はめちゃくちゃ厳しいし。

試合に出ても怒られるだけで何にも楽しくない。

そして彼女もできない。と。
他の友達は彼女とかできていちゃいちゃしてるけど僕だけ全くできない。

暗い青春を送ってました。

そしてその苦しんでいる時に僕を二次元に夢中にさせる作品と出会います。

それがこれ「To LOVEる 」

この作品は週刊少年ジャンプで連載されていたラブコメマンガ。
知る人ぞ知る超有名漫画です。

少年誌のギリギリを責め続けた偉大な作品。

僕の学校ではこの本は男子全員から「聖書」扱いされてました。
「教科書よりも読んだ本」「中学生でも買えるエロ本」と散々言われてました。

内容はいたってシンプル。

主人公がいろんな女の子とHなハプニングに巻き込まれながら仲良くなっていく。
ドタバタラブコメディ。

女っ気のない僕からするとこの作品は魅力の塊でした。
男子の夢が詰まった本。それが「To LOVEる」

当然僕もその魅力に奪われました。
そりゃそうですよ。

中学生の男子なんて思春期真っ盛りのエロガキです。
抗えるはずもありません。

この作品をきっかけに僕はいろんなアニメや漫画に手を出していくようになります。
中学生の時は恋愛漫画やかわいい女の子が出てくるものばかり見ていました。

この時は恋愛や女の子に強い憧れがありましたからね。
現実では叶わない願いをアニメや漫画で発散していました。

この時見ていた作品は
いちご100%

created by Rinker
¥518 (2024/06/14 01:31:57時点 楽天市場調べ-詳細)

ロザリオとバンパイア

ながされて藍蘭島

フタコイ オルタナティブ

魔法少女リリカルなのは

CLANNAD-クラナド-

という感じで見ていました。

つらい部活もくらい学生生活も二次元コンテンツがあったからこそ乗り切ることができました。
学校でも皆勤賞もらいましたし。3年間部活を辞めることなくやり続けることができました。

ホント感謝です。

高校生活:ラノベの面白さのとりこになる

高校生になるとどんどんオタク化していきます。
え?彼女?そんなものできるわけがありません。

高校生になって今度はラノベデビューをしていきます。
ちょうどこの時、ライトノベル原作のアニメが増えてきてラノベに興味を持つようになります。

そして僕がラノベにはまった元凶がこれ。
「バカとテストと召喚獣」

内容をざっくり言うとこの学校では「召喚獣」という自分の分身を使って戦っていくんだけど。
その召喚獣の強さはテストの点数によって決まっていく。

そんな点数がそのまま力になる世界で主人公は誰もが認めるバカで、学園におけるバカの代名詞と呼ばれる存在。
本人曰く「365度どこから見ても美少年」

そんな馬鹿が学園を駆け回る学園ラブコメディ。

僕も高校生ですあらね。
このゲームみたいなシステムはすごく魅力的に映りました。

自分の点数がそのまま力になるなんて言われたらそりゃ勉強も頑張るわ。
この世界観にどっぷりつかってしまってしまいました。

ここからライトノベルにもどんどん手を伸ばしていくようになります。
高校の時はラノベはめちゃくちゃ買いましたね。

ハイスクールD×D

緋弾のアリア

アクセルワールド

【中古】【古本】アクセル・ワールド 1 KADOKAWA 川原礫【文庫 ティーンズ・ファンタジー 電撃文庫】

ソードアートオンライン

ノーゲームノーライフ

ノーゲーム・ノーライフ 1~10巻セット / 榎宮裕 / MF文庫J /KADOKAWA /【古本】 【※多少のヤケあり】【7-4】

精霊使いの剣舞

落第騎士の英雄譚《キャバルリィ》

この時、ちょっと遅れた中二病が発症してました。
中学の時に抑圧されていたものが高校生になって爆発しました。

なので魔法とか異能とかものすごく大好物でした。

高校生活はかなり充実していましたね。
地獄の部活からも解放されて、バイトもできるようになっていろんな作品を変えるようになって。

めちゃくちゃ楽しかったです。

高校2年の時父が会社をリストラ家が貧乏に

そんな楽しい高校生活もつかの間。
高2の時父が会社をリストラされます。

いきなりでびっくりです。
収入が0になって家が貧乏になりました。

そしてこの時、僕の進路も無理やり変えられます。

父「家にお金がないんだからお前が働いて家に金を入れろ。家族は助け合わなければいけない」
という言葉に半ば無理やり進路を変えさせられます。

いや~。ショックでしたね。

なにせこの時、推薦がもらえて大学進学できる算段が付いていた時の話ですからね。

先生も僕が進学するとばかり思ってたから、
めちゃくちゃ驚かれました。

大学に進学したかったな~。

就職後に待ち構えていた夜勤でうつに

そして会社に就職。
待っていたのは夜勤地獄。

学生時代夜中まで起きていたことがないような奴がいきなり夜勤をするとどうなるか?

死にます。

初めて夜勤をするとなった時の緊張はやばかったです。
夜に働くなんて未知の領域でしたからね。

それに車で会社までいかないといけないのですが、
車の免許もとったばかり。

暗い夜道を手が震えながら運転していったのを今でも覚えています。
車初心者に夜の運転はさせちゃいけないっすよ。

めちゃくちゃ怖かったです。
おまけにクッソ眠い。

いつ事故ってもおかしくないような状況で出社してましたから。
会社に行くだけで相当精神をすり減らしていました。

そして会社に来たら来たで新しいことを覚えないといけない。
夜中3時とかに新しいことを覚えさせられてもまず頭に入ってきません。

ただでさえ夜勤が地獄なのに。
車の運転と新しく仕事も覚えないといけない。

いっぱいいっぱいでした。

そして会社から帰宅して眠たいけれど眠れません。
明るい時にどうやって寝たらいいのか分かりません。

寝ようにも全く眠れない。
身体はすごい疲れている。
精神的にも疲れている。

だけど眠れない。

外は明るい。
車やバイクがブンブン通って騒音がすごい。

登下校する子供たちのはしゃぎ声もうるさい。
こんな悪環境で寝るのは夜勤初心者の僕には到底無理な話でした。

そしてほぼ寝ないで夜勤に行く。
これを5日やりました。

ホント死にそうでした。
4日目、5日目なんて記憶がありませんでした。

体重も一気に落ちて50キロ切りましたからね。
相当やばかったです。

幸いなことに交代勤務なのでずっと夜勤ということはないのですが、
それでもつらいものはつらい。

3交代で働いているので3週間に1週夜勤が回ってきます。
地獄ですよ。

3週間に1週必ず夜勤がある。
これを40年間永遠と定年までこなしていかないといけない。

心折れましたね。
いや無理だろ・・・・

会社を辞めるか・・・いや、待てこんな俺を欲しいと思うところあるのか?

当然今いる会社を辞めようと思いました。
ただちょっと待ってほしい。今の自分を欲しいと思うところはあるのか?

今の自分のプロフィール。

ステータス
LV,20
学歴;高卒
資格:特になし
状態:うつ病
貯金:12万3200円
家の状態;貧乏

こんなやついるか?

転職をするにしても絶対に今よりも悪くなるだろ・・・
だってまだ会社2年目。おまけにうつ病持ち。

実際転職先を探したけどどれも今よりも環境が悪かった。
新卒カードという圧倒的なアドバンテージはもう使えない。

今辞めたら確実に今よりも生活が貧しくなる・・・・
家に泣きつこうにもそもそも家が貧乏だから僕が働いているっていうね。

このまま仕事を続けるても夜勤という地獄が待っている。
辞めたら辞めたで生活苦という地獄が待っている。

進も地獄戻るも地獄。
完全に詰みました。

生きる気力を失っていた僕を支え続けた二次元コンテンツ

完全に生きる気力を失いましたよ。
もう僕の人生夜勤で使いつぶされて死ぬだけだ。

これ以上僕の人生が良くなることなんてない。

生きる気力を完全に失ってしまいました。
毎日毎日死ぬことばかり考えてました。

生きること辛くて仕方がありませんでした。
睡眠薬や精神安定剤を飲んで何とか生きているよな感じでした。

ただ日に日に飲む薬の量が増えていって薬漬け生活を余儀なくされました。

もう死のうかな・・・
という死の淵をさまよっていた僕をつなぎとめてくれていたのが二次元コンテンツ。
アニメ漫画ゲームラノベでした。

僕を支え続けてくれた作品たち アニメ

ソードアートオンライン
ソードアート・オンライン(アニメ / 2012)の動画視聴 | U-NEXT 31日間無料トライアルノーゲームライフ

ノーゲーム・ノーライフ | アニメ動画見放題 | dアニメストア
黒子のバスケ

黒子のバスケ」TVアニメ第1期~第3期が全話一挙放送! “スポーツの日”記念でABEMAにて | アニメ!アニメ!
七つの大罪

TVアニメ「七つの大罪」公式サイト
ワールドトリガー

ワールドトリガー(1期2期3期)のアニメ動画を全話無料視聴できる配信サービスと方法まとめ | VODリッチ
Charlotte(シャーロット)

Charlotte | アニメ動画見放題 | dアニメストア

僕を支え続けてくれた作品たち マンガ

カラダ探し

 ここは今から倫理です

東京喰種トーキョーグール

絶叫学級

今際の国のアリス

僕を支え続けてくれた作品たち ラノベ

無職転生

オーバーロード

二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

Re:ゼロから始める異世界生活

僕を支え続けてくれた作品たち ゲーム

シークレットゲーム

密室のサクリファイス

ルーンファクトリーフロンティア

【中古】ルーンファクトリー フロンティア みんなのおすすめセレクションソフト:Wiiソフト/シミュレーション・ゲーム

ざっとこんな感じです。
この時はホラー要素の強い作品ばかり読んでました。

何と言うか作品の中での死んでいく人たちを見るとすごい心が落ち着いたんですよね。
疑似的な死を体験しているというか。

死んだら楽になるんだろうな・・・って思えると気持ちが落ち着いたんですよね。
頭おかしいことを言ってると思いましがこれがうつ病を発症した人間の思考です。

死ぬことが救いみたいな考えになってしまっているんです。
死にたいでも死ぬのは怖い。というシーソーゲームをしているのがうつ状態だと思っていて僕はたまたま死ぬのが怖いという思いがたまたま残ってましたから生きているのであってちょっとしたことで死んでいたかもしれないです。

それくらいうつ病の人というのは不安定なんですよ。

そしてそんな僕を救ってくれた心にズシンときた作品それは

 「ここは今から倫理です」

この作品は今を本気で苦しんでいる人にぜひ見てほしい作品です。

論理とは学ばなくても将来困ることがない学問。
論理が役立つときそれは「死が近づいたとき」

漫画『ここは今から倫理です。』感想 – 倫理の授業で学べることとは…?衝撃の意欲作を徹底紹介! | お前は笑うな。

引用 https://comic.k-manga.jp/feature/sp1036

そして作品の中で1番好きなシーンがこれ。

『ここは今から倫理です。』コマ

「それがどんな理由でも、命に換わる程重い絶望になるんです!!」と高柳先生が語るシーン

保存版】やべぇヤツらの学園まんが20選【集英社】 - 無料まんが・試し読みが豊富!ebookjapan|まんが(漫画)・電子書籍をお得に買うなら、無料で読むならebookjapan

引用元 https://ebookjapan.yahoo.co.jp/content/genre/theme/schoollife.html

女子高生が男たちに強姦され。
こんな汚れてしまった私は生きている価値がないと自殺するのを止めようとします。

「バカじゃないの?そんなことは死ぬことに比べたら軽いもの」というけど先生がそれを否定する。

声アリ版で聞くと今でも涙が出てきます。

https://youtu.be/8j-7b80kjg8

このシーンは衝撃的でした。

飛び降りようとしている女子高生と死のうか考えている自分と重なった感じがしました。

「死のうと思っている」と誰かに言っても「生きていればいいことあるよ」「死ぬほどのことじゃない」と真剣に話を聞いてくれない。ことが多い。

そんな中この先生は「どんな些細なことでも命に代わる程重い絶望になる」と自分の苦しさ理解した上で必死に止めに来てくれている。

そして死を選ぶ選択をするのにいったいどれだけ悩んで苦しんできたのか。
「あの柵の向こうに行くのにどれだけの覚悟が必要なことか」

先生の言葉がグサグサと心に刺さっていきました。

もう涙が止まりませんでしたね。
うつ病で無気力だった僕に「感動」させる気力を蘇らせてくれた。

この作品を読んで感情が復活したことで気持ちが前向きになっていきました。
僕はこの本に救われました。

そこからいろんな漫画やアニメ、ラノベにどんどん触れていき精神的に元気になっていきました。

二次元の力は無限大。今もこうして生きていられる

そこから気持ちが一気に前向きになって。

精神安定剤、睡眠薬の薬漬け生活から解放。
今では夜勤も9年続けられるくらいのベテランになってしまいました。

夜勤を安定させるために高いベットや枕を買って睡眠環境を整えたりとかしてなんとかやっていけてます。
メンタルが前向きになるだけでかなり世界は変わっていきます。

そしてそれは睡眠にも大きく影響してきます。
落ち込んでたらなかなか眠れませんが。
気持ちが上がっている時はぐっすり眠れる。

はぁ~これから仕事か・・・と考えるよりも。
仕事が終わったら何のアニメを見ようかなとポジティブな思考にするだけでもかなり人生が楽しくなります。

人間つらいことを考えているより、
楽しいことを考えた方が気持ちが楽ですし頑張れます。

そんなポジティブな考えが僕をうつ病から解放してくれました。

そしてなんだかんだこうして生きています。
それもこれも二次元コンテンツがあったから。

何度も死のうと思っていた僕をつなぎとめてくれました。

このアニメ、マンガが終わったら死のう。
とも思った時もあるんですよ。

だけどその間に面白い作品がどんどん出てきて、
この作品が終わったら。あの作品が終わったら。ってどんどん死ねなくなってしまいました。

そして最終的に「ここから今は論理です」も出会って救われる。

意地汚く生きてきた僕だからこそ言えることは「生き延びることでチャンスが広がり現状を打破できる可能性が残っている」

実際問題僕は生き延びたことでこうして元気に生活できています。
この「にじげん夜勤攻略部」は僕みたいに夜勤で苦しんだ人の少しでも夜勤が楽になってくれたらなという思いで立ち上げました。

夜勤はつらい仕事です。
そのくせネットで調べても「夜勤はクソ」「夜勤なんて人間のやることじゃない」と散々コケにされています。

ですが夜勤があるからこそみんなが安心して生活できているわけです。
夜勤はつらいです。苦しいです。

だからこそ夜勤をしている人たちをけなすのではなく「お疲れ様です」と言ってあげるだけでも、
夜勤をしている人はかなり救われると思いますし頑張れると思うんです。

だけど誰もそんなこと言ってくれないですからね。
だからこそ「お疲れ様」と言い合える場をここに作ろうと思ったんです。

ここに訪れる人たちのほとんどは夜勤経験者ですからね。
夜勤のつらさ苦しさを誰よりも理解している人たちです。

だからこそそういった人の「お疲れ様」は心に響くと思うんです。
この部から1人でも夜勤の苦しさを和らげれたらなと思います。

PS,ラノベや漫画を買いすぎて部屋が狭くなりすぎたので断捨離をしました。
5回~6回呼んで巻数を見ただけで内容が言えるくらいでのものを売りました。

全部で430点の漫画やラノベを泣く泣く手放しました。
これでまだ1部ですからね。まだまだ家にたくさんあります。

一応ちゃんと作品を購入しているんだよっていう証明としてここに貼っておこうかなと思います。